介護業

2020-05-04


新たな在留資格「特定技能」で介護職の受け入れが可能となったため、現在日本で介護職の外国人を受け入れできる在留資格は4種類(EPA、留学生、技能実習制度、特定技能)となります。



業務内容:

身体介護等(利用者の心身の状況に応じた入浴,食事,排せつの介助等)のほか,
これに付随する支援業務(レクリエーションの実施,機能訓練の補助等)
(注)訪問系サービスは対象外



特定技能(介護業)

特定技能-試験詳細

特定技能人材において当社が選ばれる理由